ひらしん平塚文化芸術ホール

menu

文字サイズ

  • 標準
  • 拡大

色を変える

  • 標準

【鑑賞】ドン!舞!フェスティバル IN 平塚

ドンマイイメージ

舞台にあがればみんながひとつに!

世代もジャンルも乗り越えてつながる夢のステージ!

ドンと響いて華麗に舞うフェスティバル、開幕!

 

障がいのある・なしも関係なく、表現することの楽しさ・素晴らしさを、舞台と客席が一体となって共有するフェスティバルイベント、

『ドン!舞!フェスティバル IN 平塚』を開催します。

世界的に評価される太鼓ドラマーのヒダノ修一さん、障がい者とともにダンスを創作し続け20年以上のキャリアを誇る振付家・アーティストの香瑠鼓さん、テーマパークやステージの振付で大人気のSHOJINさんらプロアーティストたちが、市内で活動する団体の皆さんとコラボレーションします。

チケットはどなたでもお席に座れば1,000円!

太鼓の響き、鮮やかなダンスで、舞台の上から輝く生命のエネルギーを感じてみませんか!

公演概要

日時 2022年11月3日(木・祝) 14:30開場 15:00開演 16:30終演予定 ※途中休憩はございません

会場 ひらしん平塚文化芸術ホール 大ホール

出演 ヒダノ修一 スーパーリズミックス

   創作和太鼓集団「衆」

   SHOJIN & SHOJIN DANCE LABO

   N.K.ダンスラボラトリー

   香瑠鼓 & あぴラッキー

   つるかめ社中

   MC MASA!(司会)

 

料金 全席自由|1席 1,000円

   ※乳幼児ひざ上無料、お席に座る場合はチケットが必要です

   ※車いす席あり(7席分)

チケット取り扱い

■オンライン購入 <9月11日(日) 10:00より発売> 

  

会員登録が必要です(登録無料)

 

 ■ホール窓口販売 <9月12日(月) 10:00より発売> 

・ひらしん平塚文化芸術ホール 総合案内窓口 9:00~19:30

出演者プロフィール

ヒダノ修一スーパーリズミックス

Stevie Wonder、Herbie Hancock、Sheila E. など世界最高峰アーティストと多数共演。1990年ソロ活動開始、2003年ビクターよりメジャーデビュー。世界41ヶ国で太鼓史に残る偉業を数多く成し遂げるパイオニアの1人。太鼓界では最も多彩な活動で知られ、コロナ禍でも、ももいろクローバーZ、WANIMA、大黒摩季、ジャニーズWEST、宝塚歌劇団、早乙女太一など多数の配信やレコーディングに参加。「FIFAサッカーワールドカップ」はアジア人初のFIFA公式閉会式に3度出演し。平成・天皇皇后両陛下やダライ・ラマ法王14世など御前演奏も多数。神奈川文化賞、横浜文化賞を受賞。

ヒダノ修一(太鼓)、一彩(太鼓)光季(タップダンス)山口託矢(太鼓)

 

 

 

創作和太鼓集団「衆」

2005年4月に和太鼓や篠笛、鳴物などを用いて演奏する和太鼓グループとして結成。グループ名は、団体結成当時のメンバーが高等学校在学時に大きく成長する機会にもなった東京駅で開催されたイベント『まるきた伝統空間』のテーマに由来。活動を通じて多くの人と集い、演奏の場で生まれる感情を共有したいという想いを大切にしながら、地域の催し事や各種団体の行事・式典、学校行事での芸術鑑賞会など、神奈川内を中心に年間十数回の演奏活動を行なっている。

 

 

 

 

 

 

 

SHOJIN & SHOJIN DANCE LABO.

大手テーマパークのトップダンサーとして活躍した後、日本最高峰の振付家コンテストLegend Tokyoにて数々の賞を獲得したことから振付家に転向。 華やかなシアタースタイルを得意とし、舞台やミュージカルの振付はもちろん、CMや企業イベント、アイドル、Tik Tokといったメディア系の振付まで幅広くこなし頭脳派振付師として今各界から注目されている。 特に緻密に計算された大人数構成には定評があり、2019年日本初開催となったラグビーワールドカップ開会式では400人のダンスシーンを見事に作り上げ、5万人の観客を熱狂させた。 また講師としては日本全国でワークショップを展開。大型ミュージカルや全国テーマパークへの合格者を多数輩出し、カリスマ講師としても人気を集める。

 

 

 

 

 

 

 

 

N.K.ダンスラボラトリー

「ダンスを通して心豊かに」をモットーに、明るく楽しく成長し続けているダンススクール。 ひつじのショーンの公式YouTube「ショーンといっしょにラジオ体操をしよう!」、叙々苑カップ「第19回芸能人ゴルフチャンピオン」などに出演。2022年11月、名倉ジャズダンススタジオ公演「Can’t Stop Dancin’2022」(新国立劇場)オーディションに2名合格。 地元平塚では、湘南ジャズフェスティバル、七夕まつりステージ、創作合唱物語「星空のレジェンド」などのダンス出演が恒例になり、多くの皆さまに喜ばれている。 2023年1月「もっと!オーケストラ」ダンス出演、5月「第10回NKダンスラボラトリー発表会」をひらしん平塚文化芸術ホールで開催予定。

 

 

 

 

 

 

香瑠鼓 & あぴラッキー

振付家、アーティスト。Wink「淋しい熱帯魚」、「慎吾ママのおはロック」、新垣結衣の「ポッキー」、「タケモトピアノ」をはじめ1300本以上のMVやCM、舞台や映画などの振付を担当。一方で、独自の即興表現メソッドを用い、正解さや完璧さにとらわれず一人ひとりが自由な表現を追求できるワークショップを開講している。

2015年前期には東京大学非常勤講師を務め、芸術創造過程の研究にも寄与。演技指導や作品演出も手掛け、自身のアーティスト活動も精力的に展開。 障害のある人が参加する「バリアフリーワークショップ」は27年目。カンパニー「あぴラッキー」として、地域イベント、映像作品、海外の芸術祭などに出演している。

 

 

 

 

つるかめ社中

1992年、神奈川県立湘南養護学校の学習発表会のステージで結成。

1999年、知的障がい児・者が民謡踊りを楽しむ余暇活動として、近隣養護学校の在校生・卒業生で再結成。平塚市なでしこ公民館を拠点に、月1 回の活動を続けて今年で23年。ひらしん平塚文化芸術ホールアートパートナーPLAYERSで、2023年2月11日オープンライブ 出演予定。

主な出演歴…2000年より 平塚市なでしこ公民館まつり(コロナ禍は中止)/2017年 七夕ステージ、ひらつかタマ三郎漁港まつり/2018年 平塚市 緑化まつり、ひらつか市民活動センターまつり/2019年 平塚SunSunマルシェ、大磯横溝記念まつり、茅ヶ崎フィエスタ翔

 

 

 

 

MC MASA!

MC/ナレーター。

豊富な海外経験、ジャグラーとして数々の舞台&メディア出演、そして新宿ゴールデン街現役バー店主で培った変幻自在かつ疾風怒涛のトーク&インパクト抜群の顔面を武器に、2021年の某国際スポーツイベント関連ツアー日本縦断MC、UberEatsやキットカットCMナレーション、Jリーグハーフタイムショーや水曜日のカンパネラ日本武道館LIVEパフォーマーと、自分でも何者かわからないくらい節操なく全力絶賛活躍中。

〈司会/MC〉某国際スポーツイベント関連ジャパンツアー 2021(16都道府県で166回の本番を経験)/池袋ハロウィンコスプレフェス 2019・2021/17LIVE公式イベント「17男祭り2020」オンライン生配信/カワサキハロウィン 2018・2019/ミニオンズラン川崎 2019/格闘技団体 Fighting NEXUS リングアナ 2019/東京おもちゃショー2018 タカラトミーチャンネル/ニコニコ超会議2017 花王ビオレステージ/サントリー「サウザクーラー」PRイベント 2017/DIESEL 2017秋冬キャンペーン

ドンマイフェス表 ドン!舞!フェスティバル 裏

PAGETOP